深刻な栄養失調で二度と倒れないようにする

Share on reddit
LINEで送る
Pocket

食料が豊富な日本においても、栄養失調になってしまう人は少なくありません。
したがって、一体何が原因でなってしまうのか、基礎となる部分をしっかりと覚えておく必要があります。

何が原因でなってしまうのか

栄養失調となってしまう原因ですが、もちろん根本的に栄養が足りていないことも大きな要因となっています。
例えば、普段からあまり食べない人や、あるいは無理にダイエットをして食事を抜いている人などが、陥ってしまう危険性が高いと言えます。

ただ、それなりにしっかりと食べている人であっても、例えばインスタント食品ばかり食べていたり、偏った食生活ばかり続けていると、タンパク質やビタミンといった必要な栄養素が不足してしまい、同じような症状に陥りかねないのです。
つまり、ただ単純に食べれば解決できるというわけでもないので、そこをまず誤解しないようにしないといけません。

食事以外の要因としては、長時間の労働で疲労を蓄積したり、あるいはストレスや睡眠不足なども原因の1つになりやすいです。
これらは、体に大きな負担を与えてしまい、それによって栄養を思うように体内に取り込めなくなるので、間接的な要因になってしまうことも多いのです。

どういった症状を起こしてしまうのか

栄養失調になってしまうと、一体どういった症状を起こしてしまうのでしょうか。
基本的に、症状は少しずつ現れることになるので、始めのうちはほとんど自覚症状がないかもしれません。
軽い目まいがしたり、少しふらついたりするなど、単なる疲れだと思ってしまいがちなのです。

しかし、その後少しずつ症状が重くなっていき、脱力感や倦怠感を感じるようになり、そして貧血や下痢などの症状、さらには低体温症や低血圧などの症状も伴うのです。
もちろん体重の方もどんどん痩せていくので、体力の方も衰えてしまうわけです。

最悪の場合は、生命の危機に繋がる恐れもあるので、決して侮れない病気だと言えるのです。
また、別の病気を引き起こすリスクも高くなるので、そういう意味でも危険性は高いと言えます。

子供の場合は特に深刻

特に子供がこのような症状に陥ってしまうと、かなり深刻な事態になりかねません。
発達に大きな悪影響を与えてしまいますし、ただでさえ免疫が強くないのに、それがさらに弱くなってしまうわけです。
そうなれば、いろんな病気を患うことになりかねませんし、大人になってから何らかの障害が残ってしまうかもしれないのです。

どうすれば防ぐことができるのか

では、どうすれば栄養失調を防ぐことができるのでしょうか。
もちろん、毎日3食しっかりと食べることは大前提となりますし、たとえダイエット中であっても必要以上に食事を抜いてはいけません。

ただ、最初の方でも言いましたが、ただ食べればいいというわけでもないですし、たくさん食べても栄養が偏ってしまっては何の意味もありません。
なので、まずは普段の食生活を見直し、本当に栄養バランスが取れているかどうかをチェックするようにしましょう。

そして、100%完璧に改善することは無理でも、できる限り理想に近い食生活を目指すようにしていきましょう。
そうすれば、健康面はもちろんのこと、ストレスや疲れを感じることもなくなるので、毎日の仕事や家事を頑張ることもできるのです。

食べることに楽しみを感じることが大事

子供の場合は好き嫌いが多く、高齢者の場合は食欲がわかないというのが大きな課題となっています。
したがって、特に子供や高齢者の場合は、食べることに楽しみを感じることが大事になってくるのです。

そうすれば、嫌いなものでも食べられるようになったり、食欲が少しでも増大したりするわけです。

Share on reddit
LINEで送る
Pocket