食事制限をするダイエットで栄養失調になる人が多い

もちろん、ダイエットをしている人であっても、正しくできている人であれば、栄養失調になってしまうケースは少ないです。
ダイエット中も栄養をしっかりと摂取し、過剰なカロリー制限をしなければ、そこまで大きなリスクを伴うことはないのです。

ところが実際は、正しくダイエットができている人は少ないのが現状なのです。
闇雲に食べる量だけを減らして栄養不足に陥ってしまい、それが発症するリスクを大幅に高めてしまうことになるのです。
自分では栄養を取っているつもりでも、実際は全く取れていないケースも多いのです。

タンパク質がどうしても不足してしまう

ダイエット中は、どうしても野菜中心の食事なるでしょうから、どうしてもタンパク質が不足してしまうのです。
しかし、タンパク質は人間の体を構成する上で必要不可欠な栄養素なので、それが不足するのはかなり危険なことなのです。
場合によっては、栄養失調では済まされないほど重大な病を引き起こしかねないので、ダイエット中でもタンパク質を摂取することを心がけないといけないのです。

ある程度は肉類も食べるようにして、また魚介類や海藻類なども積極的に食べるように心がけ、とにかくタンパク質が不足しない状態を維持しなければならないのです。

運動不足も大きな要因になってしまう

また、ダイエット中に食事制限はしても、運動はあまりしないという人も少なくありません。
運動不足になってしまうと、消化が鈍くなってしまい栄養がしっかりと得られなくなってしまうのです。
ただでさえダイエットで食事制限をしているのに、さらに栄養摂取まで鈍ってしまうと、よりリスクを高めることになってしまいます。
だからこそ、運動も適度に行いながらダイエットをすることが重要なのです。

最低でも1食はちゃんとした食事を取る

ダイエット中でも、最低1食はちゃんとした食事を取るようにしましょう。
サプリを使用したり酵素ドリンクなどで置き換えダイエットをしている人も多いでしょうが、絶対に3食全てをそれで行ってはいけないのです。

3食のうち1食を置き換え、もう1食は控えめな食事をして、残りの1食をちゃんとした食事にするのがベターだと言えます。
それによって、ダイエットもしながら栄養失調を防ぐことができるのです。

Share on reddit
LINEで送る
Pocket